春日井の空き家管理サポートなら春日井シティ不動産

春日井シティ不動産の電話番号0568-87-3921

空き家管理

春日井市の空き家の活用は春日井シティ不動産におまかせください!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 遠方のため自分で管理することができない。
  • 草木の手入れができず困っている。
  • 固定資産税の負担がもったいない。
  • 相続するがどうしていいかわからない。
  • ゴミが捨てられて困っている
  • 管理をまかせたい。
  • 解体したい。
  • 売却したい。

空き家の対策を考えるのは今です!

近年、春日井市においても、空き家が適正に管理されず、建物の一部が敷地外に崩れ落ちる、生い茂った草木が隣地にはみ出している、不法投棄のゴミが溜まっているなど近隣への生活環境を害する問題が増えており、平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれがあるなどの空家等の所有者等に対し、行政が助言・指導、勧告、命令、行政代執行などの措置を行うことができると規定されています。万一、空き屋の放置により問題が起こったとき、その所有者が責任を負う可能性があります。

なぜ空き家の管理をしないといけないのか

空き家等の適正な管理を怠ると、建物の倒壊や建築材の飛散、犯罪の誘発などの不安を与えたり、雑草・樹木の繁茂などにより、近隣の良好な生活環境を阻害したりする要因になります。
空き家を放ったらかしにしない様、下記のことはしておいた方がよいでしょう。
• 敷地内の雑草を除去など定期的な管理を行う
• 不審者が侵入できないよう施錠などを徹底する
• 遠方等で頻繁に通えない場合は近隣の方に連絡先を伝えておく
春日井市の空き家限定ですが、当事務所においても空き家管理サービスをおこなっております。空き家の現状とオーナー様の意向にあわせて最適な管理プランをご提案させていただきます。

最適な管理プランをご提案します!

空き家管理サービス内容

1.空き家問題の解決策提案

物件の特性とオーナー様の現状と意向をふまえ、現時点の空き家の問題点を具体化し解決策をご提案します。また状況に応じて、現状維持・売る・貸す・自己使用といった各ケースを想定した収益シュミレーションにより長期的な展望もお伝えいたします。

空き家管理サービスのイメージ写真1

2.建物管理

軽微な建物修繕や定期巡回による日常清掃業務など、オーナー様にとって煩わしい建物管理業務を代行します。

空き家管理サービスのイメージ写真2

3.契約業務・入居者対応

ご入居者様の入居から退去にまつわる家賃集金や敷金精算などの経理業務。その他、契約書類の作成、退去手続き、更新契約の締結等の入居者管理業務を代行します。

空き家管理サービスのイメージ写真3

充実のサポート体制

建物管理業務(オプション)

  • • 定期巡回
  • • 雨漏り等不具合チェック
  • • 郵便物整理
  • • 定期報告
  • • 定期清掃
  • • 庭木のチェック
  • • 有事の臨時巡回
  • • 通風・通水
  • • 外部不具合チェック
  • • 近隣訪問挨拶

空き家の有効活用について

空き家の放置による近隣への生活環境を害する問題の対応とともに、空き家そのものを所有者が今後どう活用していくのかということも検討しておいた方がいいでしょう。基本的には、1.現状維持 2.売る 3.貸す 4.自己利用 といった方法が考えられます。

1.現状維持

近隣の防災防犯、風紀上に悪影響がなく、固定資産税の負担も問題なければ、特に何かをしないといけないということはありません。当事務所に管理の委託をしていただければオーナー自身で手間をかけずに安心して維持できます。

現状維持のイメージ

2.売却する

今後、自分で使用する予定がないのであれば、売却される方も多くいらっしゃいます。春日井市であれば、売れない過疎地もほとんどありませんので、売れるときに思い切って売ってしまうのも収益上においても賢い選択です。一定の要件はありますが、相続した空き家を売却した場合の税控除の特例制度もできました。

売却するのイメージ

3.貸す

今すぐ売る気はないけど、少しでも収益をしたい場合は、貸すことも検討するべきです。ただし、物件の現状や地域性によって借手がいなかったり多額の初期投資が必要だったりする場合は現実的に貸すのは厳しいでしょう。損益シュミレーションをしっかりと行ったうえで検討することとなります。

貸すのイメージ

4.自分で使用する

用途に合わせて改装等が必要となる場合が多いですが、自分や家族が利用する場合も、使用する理由や一時的か半永久的かによっても検討すべき内容は違ってきます。

自分で使用するのイメージ

空き家管理の流れ

①お問合わせ

・空き家について困っていることがある
・どうするのが最適かわからない
・管理の相談をしたい等
ホームページ、メール又はお電話でお問合わせください。

②無料相談

・面談及び現地調査による状況確認
・オーナー様のご要望や悩み事のヒアリング

③管理提案・見積り提出

オーナー様のご要望と市況を考慮し、最適な対策と管理内容、管理費用のお見積もりをご提案します。

④管理委託契約

①建物管理(※主に定期巡回・メンテナンス)
オーナー様が希望される管理業務だけを弊社にご依頼いただくことも可能です。

⑤定期報告・
不動産コンサルティング

随時、空き家の状況について定期報告を行います。また、その後、空き家の売却や賃貸等の有効活用を検討されたい場合は、当事務所の不動産コンサルティングによりオーナー様にとって最適に有効活用ができる収益プランをご提案いたします。

春日井の空き家の管理は当事務所におまかせください!

生まれも育ちも暮らしも春日井市、おかげさまで不動産業歴20年を超え、地元密着ならではの豊富なネットワークと軽快なフットワークでお客様の様々な不動産のお手伝いをしてきました。春日井市限定ではありますが、春日井の不動産のお悩み解決のスペシャリストしての自負がございます。きっとあなたのお役に立てると思います。まずはお気軽に当事務所にお問合せください。

春日井シティ不動産からの説明

よくある質問

空き家対策特別措置法ってなんですか?

平成27年5月26日から施行された法律です。
倒壊の恐れがあったり、景観上、問題があったりする空き家を市町村が『特定空き家』と指定し、所有者に修繕や解体を指導、勧告、命令、強制対処ができます。それでも所有者がなにもしないようなら、行政が代わりに解体できます。

「特定空き家」に指定されてしまうとどうなるの?

著しく保安上の危険となるおそれがある空き家、著しく衛生上有害となるおそれがある空き家に対して、まずは、除却(解体)、修繕、立木竹の伐採等の助言又は指導があります。その後、勧告→命令→強制対処となり、市町村の負担した費用は所有者に請求されます。 また、勧告された時点で、土地は「更地」扱いとなり、固定資産税の軽減措置(最大1/6)は解除されてしまいます。

空き家をそのままにしておくのは、なぜ問題なの?

老朽化した家屋の倒壊・破損の恐れ、衛生・治安上の問題などさまざまな形で近隣住民の方の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

空き家の持ち主に責任はあるの?

家屋の一部が倒壊したり、物が落下するなどして、近隣の家屋や通行人などに被害を及ぼした場合、その建物の所有者は損害賠償など管理責任が問われることもあるため、定期的な管理が必要とされています。

遠方で暮らしているため、なかなか手入れができないのですが・・・

空き家管理巡回サービスをご利用ください。定期的に空き家を訪問し、メニューに応じて建物の管理や、室内の空気の入れ替え、ポストの点検、草木の手入れなどを行います。

空き家が亡くなった親の名義のままなのですが、 売却をしたり、人に貸したりすることはできますか?

相続人の名義に変更してから、売却や賃貸の手続きを行います。相続人が複数いる場合は、全員の同意が必要となります。当社では、適正な相続の手続きを行うためのサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

売却を検討中ですが、相談にのってもらえますか?

当社は春日井市の売買を得意としており多数の実績がございます。まずは「いくらで売却できるか」豊富な事例をもとに無料査定をさせていただきますので参考になさってください。少しでも高い条件で売却できるようサポートいたします。

まだ古家があるけど、先に解体してから相談した方がいいですか?

解体する前にご相談ください。解体する時期や解体業者の選定等によってもオーナー様の収益に影響があります。場合によっては建物の活用方法もあるかもしれません。まずはお気軽にオーナー様の希望をお聞かせください。

このページのトップへ
CopyRight(C) 春日井シティ不動産 All Right Rerved.